2006年05月12日

ギムレット/Gimlet

その歴史
1890年、イギリス海軍の軍医、ギムレット卿は、長卒航海時のビタミンC不足から来る壊血病を防ぐためジンをライムジュースで薄めて飲むように提唱。これがギムレットの始まりとなりました。

作り方
シェーカーライムジュースドライ・ジン、氷を加えシェークする。
カクテルグラスに注ぐ。

材料
ドライ・ジン 45ml
フレッシュ・ライム・ジュース 10ml
ライム・ジュース 5ml


posted by gimlet at 2006-05-12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジン

2006年05月14日

ジンの歴史

ジンは1660年、東インド地方で蔓延していた熱病の薬として開発されました。作ったのはオランダにあるライデン大学の教授フランシスクス・シルビウス。

ライ麦、大麦等の穀物を蒸留して作ったアルコールにジュニパー・ベリー(杜松の実)の成分を加えて再度蒸留したもので、「ジュニエーブル」という薬酒として売り出されました。これがジンの始まりです。
「ジュニエーブル」は大変な人気を呼び現在も「ジュネバ」という通称で親しまれています。

1689年、国王継承者のいなかったイギリスに、親戚筋であるオランダ王家のウィリアム3世が迎えられたことによりイギリスに「ジュネバ」が伝わり、呼び名も「ジン」となります。

1826年、連続式蒸留器が開発されたことにより、くせの少ない「ジン」が作れるようになり「ドライ・ジン」が生まれました。また「ドライ・ジン」に砂糖を加えて甘み付けした「オールド・トム・ジン」も生まれました。

その後、「ドライ・ジン」はアメリカに渡り、カクテルブームに乗って大流行。そこで現在の、カクテル原料としての地位を築きました。
posted by gimlet at 2006-05-14 | Comment(1) | TrackBack(0) | ジン

ジュニパー・ベリー(杜松の実)

ジュニパーべリーは、杜松(ねず)の実です。

杜松は、日当たりの良い丘陵や花崗岩地に生えるひのき科の常緑樹で別名「鼠刺し(ネズミサシ)」とも呼ばれます。葉が針状にとがっていて,鼠も刺せるということからこう呼ばれています。

杜松の実には、体内の酸性老廃物を尿として排泄しやすくすると共に利尿作用があります。また消化器にも働きかけ、健胃作用、整腸作用、お腹にガスを溜めないようにさせます。陣痛時には子宮を収縮させ出産を促します。
さらに殺菌消毒作用が強いので膀胱炎や尿道炎などの尿路感染症に役立ちます。20世紀初めまで、フランスの病院ではジュニパーの小枝を焚いて病棟の浄化をしていたほど抗感染力にも優れています。

ジンを使用したカクテルが、食前酒食後酒に向くのは上述の健胃作用や整腸作用があるためです。

杜松の葉と実
posted by gimlet at 2006-05-14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジン

ジンの種類

ジンには大きく分けてオランダタイプとイギリスタイプの2種類があります。

オランダタイプは、濃厚でくせが強く、オランダでは食前酒としてストレートで飲まれています。代表格としては、「ジュネバ」があります。

一方イギリスタイプは、オランダタイプと比べて淡白な味です。カクテルの原料に使われる「ドライ・ジン」、これに砂糖を加えた「オールド・トム・ジン」、香りの強い「プリマス・ジン」、フルーツフレーバーで味付けした「フレーバード・ジン」があります。
posted by gimlet at 2006-05-14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジン

2006年05月15日

ジュネバ

いわばジンの祖先。

蒸留酒にジュニパーベリー(杜松の実)や薬草などの風味をつけたもの、現在主流のジン(正確には、ドライ・ジン)とは違い、単式蒸留で作られるため、濃厚でくせが強い(松脂の香りらしい)。

原産地のオランダでは、ストレートロックで飲む。
posted by gimlet at 2006-05-15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジン

オールド・トム・ジン/OLD TOM JIN

イギリスタイプのジン。「ドライ・ジン」に砂糖を加えて甘み付けしたもの。18世紀のロンドンで、トム・キャット(雄猫)の足から甘口ジンが出てくる販売機に人気が集まったことからこの名前がつきました。
当時は、蒸留の技術も今ほど進んでおらず、雑味の多いジンが一般的でした。ですので、味をごまかすために砂糖を入れたと言われています。

ヘンリー スペシャル オールド・トム ジン 700ml 40度 パターソンズ オールド トム ジン 750ml 40度
ボーズ オールド トム ジン 750ml 47度 アークティカ・オールド・トム・ジン 40°750ml オールド チェルシー オールド トム ジン 700ml 40度
オールド・トム・ジンを楽天で探す
posted by gimlet at 2006-05-15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジン

2006年05月16日

マティーニ/Martini

その歴史
カクテルの王様。
マティーニの発祥は定かではなく、1910年代にニューヨークのニッカボッカー・ホテルにいたマルティーニという名のバーテンダーが考案したと言う説と、ジェリー・トーマス氏がサンフランシスコでマルチネスに行く途中の客に「マルチネス・カクテル」として提供したという説があります。

作り方
ミキシング・グラスドライ・ジンドライ・ベルモットオレンジ・ビターズ、氷をいれ、バー・スプーンステアする。
ストレーナーをかぶせ、カクテル・グラスに注ぎ、レモン・ピールを絞りかける。
カクテル・ピンオリーブを通して飾りつける。

材料
ドライ・ジン 60ml
ドライ・ベルモット 2dash
オレンジ・ビターズ 1dash
オリーブ 一個
レモンピール
posted by gimlet at 2006-05-16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジン

2006年05月22日

プリマス・ジン

「プリマスジン」はイングランド南西部のプリマスにおいて発祥しました、プリマスはイギリス海軍の基地があることから、英国海軍御用達のジンとなりました。

もともと旧ドミニコ修道院であった「プリマスジン」の蒸溜所、ブラックフライアズ蒸溜所は、メイフラワー号で新大陸を目指したピルグリムファーザーズがイギリス最後の夜を過ごした建物として知られており、「プリマスジン」のラベルにもトレードマークとしてメイフラワー号が大きく描かれている。裏ラベルの内側にも修道士が描かれております。
芳香性の強いオリスをはじめアニスやアンジェリカなど7種類の植物を使い香り付けをしています。

1880年代に、ロンドンのジン製造業者が、英国海軍を軸として人気が高いプリマス・ジンをロンドンでも製造しようと試みましたが、ブラックフライアズ蒸溜所に訴えられるという事件が発生しました。
プリマス・ジンは、プリマスという場所で造られた(当地のドミニコ修道院が元祖と言われる)ということと、プリマスという製法という2点を根拠として裁判の結果は「プリマスで蒸溜されたジン、すなわちブラックフライアズ蒸溜所で造られたジンのみがプリマスである。」とされました。

プリマスジン 700ml 57度
プリマスジンを楽天で探す
posted by gimlet at 2006-05-22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジン

フレーバード・ジン

フレーバード・ジンは、ジュニパーベリーなどを使う変わりにフルーツで香りづけし、甘みを添えたドライタイプです。オレンジやレモンなどがあります。
なお、日本の酒税法ではフレーバード・ジンはリキュールに分類されています。

ブルームズベリ レモン フレーバー ジン 700ml 45度 ブルームズベリ オレンジ フレーバー ジン 700ml 45度
フレーバード・ジンを楽天で探す
posted by gimlet at 2006-05-22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジン

2006年05月23日

ジン・トニック/Gin Tonic

その歴史
ジンベースのカクテルの中でも特に飲み易く、とても人気があるジン・トニック。ジントニックウォーターを加えて作るこのカクテル、始まりは熱帯にあったイギリスの植民地でした。
当時、熱帯にあるイギリスの植民地では、マラリア除けの保健飲料としてトニックウォーターが飲まれていました。これにジンを入れて飲んでみたところ、とても飲み易く、そこからジントニックが広まったといわれています。

作り方
氷を入れたタンブラーにジンを入れる。
カットしたライムを軽く搾り入れる。
冷やしたトニックウォーターを八分目くらいまでいれ、マドラーを添えてステアする。

材料
ドライ・ジン 45ml
トニックウォーター 適量
カットライム 1/4個
posted by gimlet at 2006-05-23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジン

2006年06月02日

ジン・リッキー/Gin rickey

19世紀のワシントンで登場し、最初に飲んだお客の「ジム・リッキー」にちなんで名づけられました。

ジンにライムを加えた爽やかなカクテル。リッキー・スタイルなので、カット・ライムを潰しながら飲むのが特徴です。飲みながら自分好みのカクテルを作れるのが魅力!?

作り方

タンブラーにライムを搾り、カット・ライムをそのまま入れる。

ドライ・ジン、ライム・ジュース、氷を入れる。

冷やしたソーダを注ぎ、ステアし、マドラーを添える。

飲む際は、マドラーでライムを潰しながら飲み、好みの味にする。

材料
ドライ・ジン 45ml
ライム・ジュース(フレッシュ) 5ml
ソーダ 適量
カット・ライム 1/4個
posted by gimlet at 2006-06-02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジン

2006年06月08日

フロリダ/Florida

フロリダはアメリカ合衆国南東部、フロリダ半島を占める州です。亜熱帯気候で、オレンジやグレープフルーツが特産です。

ジンをベースに、亜熱帯の特産品オレンジやオレンジから作られるホワイトキュラソー、さくらんぼから作られるキルシュワッサー、やレモンを加えたのがカクテルのフロリダ。

果実の甘みや酸味が良く効いた、いかにも南国テイストのカクテルです。

同名でノンアルコールのカクテルもある。(ノンアルコールのフロリダを見る

作り方
シェーカーにドライ・ジン、オレンジジュース、キルシュワッサー、ホワイト・キュラソー、レモン・ジュースを加えシェークする。

氷を入れたオールド・ファッションド・グラスに注ぎ、スライス・オレンジを飾る。

材料
ドライ・ジン 15ml
オレンジ・ジュース 40ml
キルシュワッサー 1tsp
ホワイト・キュラソー 1tsp
レモン・ジュース 1tsp
スライス・オレンジ 1/2個
posted by gimlet at 2006-06-08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジン

ネグローニ/Negroni

1962年、イタリア・フィレンチェのレストラン「カソーニ」で考案された。

ネグローニ伯爵がアペリティフとして愛飲していたことからこの名前がつきました。

ジンをベースにカンパリのほろ苦さと、甘口のフレーバード・ワインであるスイート・ベルモットで作るこのカクテルの原料は、すべてイタリア原産。 イタリアの恵みをふんだんに使ったカクテルです。

作り方
オールド・ファッションド・グラスに、ドライ・ジン、カンパリ、スイート・ベルモット、スライス・オレンジを入れ、ステアする。

スライス・オレンジを飾る。

材料
ドライ・ジン 20ml
カンパリ 20ml
スイート・ベルモット 20ml
スライス・オレンジ 1枚
posted by gimlet at 2006-06-08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジン

ジン・アンド・ビターズ/Gin & bitters

ジン・アンド・ビターズは、19世紀の英国海軍の将校たちが、アペリティフとして愛飲していたものです。

その名のとおり、ジンをベースにミカン科の樹木、アンゴスチュラの樹皮をスピリッツに浸出して作ったビターズであるアロマチック・ビターズを少量加えて作ったカクテルです。

作り方
オールド・ファッションド・グラスに、ビターズを入れ、グラスを横にして回しながら内側全体を濡らし、余分なビターズを捨てる。

氷をいれ、ジンを注ぎステアする。

(氷を入れない場合は、ピンク・ジンと呼ぶ。)

材料
ドライ・ジン 60ml
アロマチック・ビターズ 1dash
posted by gimlet at 2006-06-08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジン

2006年06月09日

トム・コリンズ/Tom colins

19世紀、ロンドンのリマーズ・クラブで、ヘッド・ウェイターをしていたジョン・コリンズ氏が作ったカクテルです。

当初はオランダ産のジュネバをベースにしたもので、ジョン・コリンズと呼ばれていましたが、後にイギリス産のオールド・トム・ジンを使ったものが人気を呼び、トム・コリンズと呼ばれるようになりました。

背の高いコリンズ・グラスジンとレモン・ジュース、シロップ、ソーダを混ぜて作られるトム・コリンズは、甘みと酸味なバランスがよく、ソーダが一層の爽快感を醸し出すカクテルです。

作り方
シェーカーオールド・トム・ジン、レモン・ジュース、シュガー・シロップと氷をいれ、シェークする。

コリンズ・グラスに氷を入れ、シェークしたものを注ぎ、冷やしたソーダを8分目くらいまでいれ、軽くステアする。

カクテル・ピンに通したスライス・レモンとマラスキーノ・チェリーを飾る。

材料
オールド・トム・ジン(ドライ・ジンでも可) 45ml
レモン・ジュース 15ml
シュガー・シロップ 2tsp
ソーダ 適量
スライス・レモン 1枚
マラスキーノ・チェリー 1個
posted by gimlet at 2006-06-09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジン

ジン・フィズ/Gin fizz

フィズの中でも代表的存在であるジン・フィズは1888年、アメリカ・ニューオリンズのヘンリー・ラモス氏が作ったといわれています。

fizzとは炭酸のはじける音が「fizz・・・」と聞こえたからつけられました。

甘口で口当たりが良いので、女性にお勧めのカクテルです。

作り方
シェーカードライ・ジン、レモン・ジュース、砂糖、と氷をいれ、シェークする。

10オンス・タンブラーに氷を入れ、シェークしたものを注ぎ、冷やしたソーダで満たし、軽くステアする。

カクテル・ピンに通したスライス・レモンとレッド・チェリーを飾る。

注:ミルクを2tsp加えるとホテルオークラスタイルのジン・フィズになる。

材料
ドライ・ジン 45ml
レモン・ジュース 15ml
砂糖 1tsp
ソーダ 適量
スライス・レモン 1枚
レッド・チェリー 1個
posted by gimlet at 2006-06-09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジン

ゴールデン・フィズ/Golden fizz

ジン・フィズに卵黄を加えたカクテルです。

卵黄を加えることで色が金色に見えることから、こう呼ばれるようになったと思われます。

日本に古来からある玉子酒のような感覚で、疲れたときなどに飲まれています。

作り方
シェーカードライ・ジン、レモン・ジュース、砂糖、卵黄と氷をいれ、シェークする。

10オンス・タンブラーに氷を入れ、シェークしたものを注ぎ、冷やしたソーダで満たし、軽くステアする。

カクテル・ピンに通したスライス・レモンとレッド・チェリーを飾る。

材料
ドライ・ジン 45ml
レモン・ジュース 15ml
砂糖 1tsp
卵黄 1個
ソーダ 適量
スライス・レモン 1枚
レッド・チェリー 1個
posted by gimlet at 2006-06-09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジン

2006年06月10日

グレナデン・フィズ/Grenadine fizz

ザクロから作られるグレナデン・シロップが特徴的なカクテルです。

ジンをベースにレモン・ジュース、グレナデン・シロップで甘みと酸味を利かせ、炭酸で爽快感を出したカクテルです。

作り方
シェーカードライ・ジン、レモン・ジュース、グレナデン・シロップと氷をいれ、シェークする。

10オンス・タンブラーに氷を入れ、シェークしたものを注ぎ、冷やしたソーダで満たし、軽くステアする。

カクテル・ピンに通したスライス・レモンとレッド・チェリーを飾る。

材料
ドライ・ジン 45ml
レモン・ジュース 20ml
グレナデン・シロップ 20ml
ソーダ 適量
スライス・レモン 1枚
レッド・チェリー 1個
posted by gimlet at 2006-06-10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジン

グリーン・フィズ/Green fizz

ハッカの香りが特徴的な緑色のリキュールであるクレーム・ド・ミントグリーンを使用したフィズです。

クレーム・ド・ミントグリーンの緑色からこの名前がつけられました。

卵白を使用しており、マイルドな口当たりのカクテルに仕上がっています。

作り方
シェーカードライ・ジン、レモン・ジュース、クレーム・ド・ミントグリーン、砂糖、卵白と氷をいれ、シェークする。

コリンズ・グラスに氷を入れ、シェークしたものを注ぎ、冷やしたソーダで満たし、軽くステアする。

材料
ドライ・ジン 45ml
レモン・ジュース 15ml
クレーム・ド・ミントグリーン 1tsp
砂糖 1tsp
卵白 1個分
ソーダ 適量
posted by gimlet at 2006-06-10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジン

2006年06月11日

クリーム・フィズ/Cream fizz

生クリームを使って作るフィズです。

生クリームを使っているのでクリーミーだが、レモン・ジュースや炭酸の爽やかさが心地よいカクテルです。

作り方
シェーカードライ・ジン、レモン・ジュース、砂糖、生クリームと氷をいれ、シェークする。

タンブラーに氷を入れ、シェークしたものを注ぎ、冷やしたソーダで満たし、軽くステアする。

材料
ドライ・ジン 45ml
レモン・ジュース 15ml
砂糖 3tsp
生クリーム 2tsp
ソーダ 適量
posted by gimlet at 2006-06-11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。